HOME会社情報 > 社長挨拶

社長挨拶

代表取締役社長 井上 信之
代表取締役社長
井上 信之
当社はパスツール研究所に学んだ故目黒庸三郎博士によって大正14年(1925年)「大阪実験治療研究所」として設立され、昭和12年(1937年)に「目黒研究所」と改称し、現在に至るまで、乳酸菌・納豆菌の健康増進作用を活用し、医薬品をはじめとする各種製品(原料)の研究・開発・製造に取り組んで参りました。

年々高度化される医薬品の製造開発基準に対応し、昭和55年(1980年)に兵庫県加西市に医薬品GMP適合工場を新設し、生産体制の充実を果たし、以来、加西工場と池田工場を拠点として、高品質の医薬品及びその他の製品を提供して参りました。

平成26年(2014年)には生産増強のため加西工場に新館棟を新設し、需要の増加に対応できる体制を整えました。なお池田工場は廃止し、本社を大阪市中央区に移転しました。

当社の主力製品である乳酸菌、納豆菌は、腸内細菌のバランスを改善することで人の健康に有益な働きをする微生物、いわゆる「プロバイオティクス」として知られており、現在、これらに基づく医療用医薬品、OTC、健康食品(サプリメント)の原料、又、飼料添加物等の製造・販売を行うとともに、当該技術を生かした各種の菌受託製造も行っております。また、各種機関と共同研究を積極的に進め、更なる用途拡大を目指し、今後も皆様に当社の技術でお役に立てるよう努力して参ります。

そして、「フットワーク」と「チャレンジ精神」を忘れずに、培ってきたバイオインダストリーの技術により創製された医薬品、健康食品及び飼料添加物等の製品により、21世紀の治療、予防、セルフケアに貢献することを目標に邁進してまいります。

今後とも引き続きご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

ページの先頭へこのページの先頭へ