納豆菌の起源と経緯

1906年:
沢村真博士により発見 (Bacillus natto Sawamura)
1928年:
目黒庸三郎博士等により研究、分離された。
1985年:
小沢、牛嶋等により納豆菌株の改名
Bacillus subtilis(natto) BN )

納豆は我が国固有の伝統的発酵食品であり、同時に生菌を食するという点においても特殊な食品です。

納豆菌に関する研究は、1906年沢村氏によって東京の糸引き納豆から分離された Bacillus natto Sawamura に始まります。

その後他の研究者によって数々の納豆菌が研究・分離されてきましたが、1928年頃より弊社でも研究され始めました。

弊社において新鮮糸引き納豆から分離された菌は、分類学的は位置付けとして、当初B.nattoとラベルされていましたが、Approved Lists of Bacterial names(細菌学名承認リスト)が発表されたのを期に、1985年(Bacillus subtilis(natto) BN)に改名されました。

許可承認関係

1957年 :
製剤の配合剤と許可
1968年 :
原体として・医薬品製造承認
1990年 :
動物用医薬品製造承認
1996年 :
飼料添加物許可
近年 :
健康食品

また最近は、納豆菌の健康に関する効用が注目され、健康食品などに使用されています。

ページの先頭へ このページの先頭へ